開幕後から新型コロナウイルス感染拡大予防について

北海道ベースボールリーグ(以下:HBL)では5月30日(土)からリーグ戦を開幕いたします。
HBLとして新型コロナウイルス感染拡大の防止策、感染リスクの低減策として下記の通り行います。

・ファンの皆様の対策・
①アルコール消毒液の設置
入場口にアルコール消毒液を設置し来場されたファンの皆様に手指のアルコール消毒をお願いします。
②入場時の赤外線体温検査の実施
入場の際に、すべてのお客様に赤外線検温にご協力いただき、体温が37.5℃以上また体調不良の方には誠に申し訳ありませんが観戦のご遠慮をいただきます。
③座席間隔を1席以上の確保
近距離での会話・密接・密集状態を避けるべく、席を1つずつ離して安全確保を図ります。
④マスク着用のお願い
来場されるお客様には各自においてマスクを持参していただき着用した上での観戦をお願いします。
⑤当面の間、飲食ブース出店の自粛とさせていただきます。飲食の持参に規制はございませんのでご持参の上、ご来場ください。

・球団スタッフ並び関係者また選手の対策・
➊球団スタッフ並び関係者また選手が朝と昼に赤外線検温を行い、体温が37.5℃以上また体調不良者の球場入りをさせず、自宅療養もしくは病院で検査を受ける。
➋球場入りからマスク着用を義務として(練習中また試合中)、投手陣は基本的にブルペンのベンチで待機することにする。
➌ベンチ前での出迎えハイタッチまた唾吐きの禁止。

現段階で開幕の方向で進んでおりますが、国内また道内の状況に応じて開幕延期また感染予防対策の変更となる場合がございます。
予めご了承いただきたく思います。

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP